疲れが貯まりやすい原因と対処法

みなさんこんにちは
今回はストレス対処法についてお話いたします
ストレスが多くなると、睡眠障害、食欲減衰、食欲過多、気分の落ち込み、認知機能の低下などの症状が現れます。
そしてその状態を長期間(数週間以上)放置するとうつ病につながります。
そうなる前に予防と対処法について勉強していきましょう。

ストレスに対する体の反応

ルモンタンクの枯渇が疲れの悪循環につながります
心身ストレスを受けるとそれを除去したり体のあらゆる炎症抑える作用を持つ治療のエキスパートがいます
それが腎臓の上に小さくなっている副腎から分泌される抗ストレスホルモン(コルチゾール)です
疲れても一晩寝ればスッキリすると言うのは実は今ストレスホルモンが女正義体を使う練習直してくれているからなのです
このストレスもホルモンの量には限界があります
このままタンクの容量は一人一人違います毎日仕事なので気を使い続けている人がちょっと疲れた状態から解放されたのはこうしたホルモンタンクの枯渇が理由なのです
間違った食事だったり西尾生活の様々な習慣もホルモン単行書させるようになってしまいますストレスを感じないのであればホルモン単価著しく消費されません
うまく行ストレスホルモンはホルモンタンクに補充したから運動すれば快適な状態で体に適切な負荷をかけることができます
副腎はすぐ後ストレスも分泌し疲労やストレス炎症を取り除いて心身を安定させようとします
それでは予防する方法について説明していきます

原因1:甘い食べ物

甘いものは疲れたのと体に無理をさせます糖分は決してホルモン値生成するわけではなくむしろ枯渇しているホルモン端から無理矢理ホルモンを絞り出すと言う作用を働かせてしまいます

原因2:カフェイン

カフェインなのでやる気を出すと言う人もいますがカフェインも同様にホルモン段広告出続けてしまいます

原因3:夜の光

人の生活で夜型と言う事はありませんまた現在パソコンやスマ歩都会の街並みなどあらゆるところに光が存在していますへ夕方から夜にかけても光を浴び続けることによって睡眠障害や脳疲労思考力の低下などが発生する原因になります。
寝る前1時間は人口のライトを浴びないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はストレスの対処法についてご紹介しました。
心身ともに健康な生活を目指してご紹介した内容を意識していきましょう!
最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは次回お会いしましょう。