ギャンブラーの誤謬

みなさんこんにちは

今回は「ギャンブラーの誤謬」についてご紹介します。

ギャンブラーの誤謬とは
赤クロのルーレットゲームのような光と音の指向が独立なランダム辞書を軽蔑に対して一方が連続で出た後はもう一方が出るに違いないと考えられあまりです

身近な例
ジャングルに講ずる人が陥る陥りやすい余った考え方をギャンブラーの誤謬と呼びます
一般的に連続して同じ結果が出ていると次は異なる結果になるのではないかという心理が働くことが多いです例えばルーレット回した時に赤の出る確率と黒の出る確率はそれぞれ1/2ですこれまで黒が連続で4回出ているとしますこれに続いて黒が引き続き5回連続で出る確率は3.125パーセントしかありませんこのことから次も黒が出る確率はかなり低いと考えてしまいがちです落ち着いて考えればすぐにわかることですがルルとまずいか事の赤と黒が出る確率はいつも1/2ですつまり次に何色が出るかについての確率はそれまでに何色が出たから結果から影響を受けないということがわかります赤が出るか黒が出るかの確率は一回ごとに予測を指定する必要があります
確率は長い目で見るとはランダムで発生する場合はその確率どおりの結果になるという大数の法則というものはたしかにあるのですがこれは本当に数が大きくなってくるとマスオの精度が増すということですので今回のルーレットのように4回は5回と言った少ない回数ではその力も発揮されません

このルーレットの事例から得られる教訓がもう一つありますそれは過去は未来に影響を与えないということですこれは人生においても非常に大切な考え方ですいつまでも悪い過去にこだわらず未来は自分で決定することができ悪い過去があったからといって未来も悪くなるとは限らないと考えることができます

対策
過去の影響を受けていないか、1回ごとの確率を見る必要があります
当然ながら過去に起きた事象によって結果が異なるという事例もありますのでそこをしっかりと区別する必要があります

アマゾンでの購入はこちら!

まとめ
いかがだったでしょうか。
今回は「ギャンブラーの誤謬」についてご紹介いたしました。
私は日常生活でよくスマートフォンのゲームをしますそこではマカ茶と呼ばれる馬渡矢ハズレなど多くのキャラクターが出る仕組みがあるのですがここでまんまとギャンブラーの誤謬に陥っています基本的にあたりからなかなか出ないのですが外れのキャラがさすがに5回も6回も連続すると次こそは当たりが出るはずだと思ってしまいますしかし次に当たりが出る確率は初めの一回の確立と全く同じなんですねこのことを念頭においてこれからはガチャを回しすぎないように気をつけたいと思います
最後まで読んでいただきありがとうございました。