お前だって論法

みなさんこんにちは

今回は「お前だって論法」についてご紹介します。

お前だって論法とは
相手の主張が本人の振る舞いと食い違っていることを指摘し論点を逸らす事で相手を負かす音する論法です

身近な例
Aなんで注文間違えたんだよ
Bお前だってこの前間違えてルール守って言ったじゃないかお前にだけは文句言われたくない
お前だってで始まる攻撃はお前だって論法と言われていますこの論法は今攻撃をしようとしてる間に対してまさにその相手が指摘した自分に非があるとされている点が相手にも指摘できることを利用して批判を逸らす目的で用いられます

対策
注意しなければならないのがここで説得されそうになった部分は議論の保守とは関係がないということです問題は今オーダーを取り違えたことです従って何か一つ別の論点を指摘され論破されそうになってもその指摘されたのでと関係ないもっかの問題まで論破されてしまうということはありません 今はそのことは関係ないとただ一言返せばいいだけです
お前だってと言われないための一番の方法はミスをしないことですが誰だってミスはしてしまいますお前だってと言われるのが嫌で人に注意できなくなってしまっては元も子もありませんお前だってと言われるリスクを抱えながらも相手のためを思って注意できるような人間になりたいものです

お前だって論法は対人ロンポへの反論として用いられることもあります対人論法で紹介した例を再度ご紹介します
夫もしもし
妻どうしたの
夫 今日の夕飯は俺が作ろうかなと思って
妻何バカなこと言ってるの掃除や洗濯もまともにできないのに
夫お前だって一度もうまく料理できたことないじゃないか

このように体を大事なお前だって論法を駆使した戦いは人間関係を泥沼化させる可能性があるので注意しましょう

アマゾンでの購入はこちら!

まとめ
いかがだったでしょうか。
今回は「お前だって論法」についてご紹介いたしました。
家族や友人と口論になったときには必ずと言っていいほど耳にするワードですね。
私も友人に何か指摘されるとすぐにお前だってと言ってしまう癖がありますは誰しもがあの人には言われたくないといった感情を持っているのではないでしょうか・
しかし建設的な議論をするのであればそういった感情はぐっとこらえて今この瞬間に議論すべきことは何かということを相手の立場にもなって今一度冷静に考えてみることが大事なのではないかなと思います
最後まで読んでいただきありがとうございました。